青色申告と白色申告でどれだけ節税できるか簡単にわかるツールで計算してみた。

いろは「?」「青色申告をすると、いくらくらい節税になるの?」


事業所得で青色申告を選ぶかどうかは、選ぶことによるメリット(65万円控除などの特典がある)とデメリット(複式簿記で決算書を作らないといけない)を比較検討します。

今回はこのうち、65万円控除のメリットを簡単に計算できるツールをご紹介します。

青色申告の節税メリットは?

弥生会計からシミュレーションツールが!
yayoi1
そのツールがこちらです。

弥生会計が運営している「スモビバ!」という個人事業主応援サイトです。

年収300万円アフィリエイターの節税額は?

実際にやってみます。

アフィリエイト収入が300万円、必要経費が50万円だとします。このとき親族に対する給与は0円だとします。
yayoi2

その下で配偶者控除・扶養控除・社会保険料控除などの所得控除の入力もできます。ここではシンプルに「基礎控除38万円」のみとしています。
yayoi3

さあ、計算結果です。

所得税・住民税・国民健康保険料を合わせて、164,000円の節税となるそうです。
yayoi4

65万円控除って、どれくらいお得なの?

65万円控除ってことは、65万円お得じゃないの?と思われるかもしれませんが、あくまで「必要経費」が増えるだけです。税金を65万円減らしてくれるわけではありません。

所得税は、
通常、約5%~約15%

住民税は、
10%

が税率ですので、

経費が増えると、約15%~約25%の節税になります。

そのため、65万円控除の効果は、税金だけで言えば、

約97,500円~約162,500円

といえます。

国民健康保険料については、専業アフィリエイターや専業主婦アフィリエイター向けで、サラリーマンの場合は、厚生年金保険料が給料から天引きされているので、関係ありません。

税理士に頼むときは節税効果をよく考えましょう。

さて、青色申告をするけど複式簿記が分からないから税理士に丸投げしたい、という方は、節税効果をよく考えましょう。

もともと青色申告の65万円控除の特典は、複式簿記に対するコストを考慮したものです。

つまり、税理士に頼むコスト負担があるから、65万円控除で軽減しようという趣旨なのですね。

それにもかかわらず、税理士に対する報酬が高いと、節税効果を上回ってしまいます。

もちろん、親族に給料を払うと必要経費になるとか、他にも特典はありますが、アフィリエイトの利益(収入-必要経費)が年間200万円以下の場合には、税理士に頼むときには数万円くらいの先にしておかないと、せっかく青色申告をしたのに持ち出しになってしまいます。

逆に、年間400万円以上の場合には、税理士に頼んでも節税効果がたいてい上回るでしょうから、頼むという選択肢も良いでしょう。

年間200万円~400万円の間は、ちょっと微妙ですが、シミュレーションをして考えてみてください。

場合によっては、白色申告のままの方が、楽ということもあります。

また、税理士に頼まず自分で行う、という方は、はじめは時間こそかかりますが、慣れてしまえばそんなに難しいことではありませんので、節税分、きっちり得できるかと思います。

27年分で青色申告にするなら3月16日までに申請を!

青色申告は、
その年の3月15日まで(今年は日曜日なので3月16日まで)
または
その年の1月16日以後、新しく事業を開始した場合は、その事業開始の日から2月以内
に手続きが必要です。

たいていの方は、既にアフィリエイトを何らかの形で初めて、収入が増えてきたので青色申告にしようか、と考えるため、その年の3月15日までに申請するのが無難です。

26年分はもう間に合いませんが、27年分からどうするかを決めるのは今ですから、よく考えて申請しましょう。

いろはのつぶやき

いろは「!」「あんまり収入が少ない時には、白色申告の方が楽かもしれないわね。あ、でも主人はそもそも雑所得か」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加