国税還付金の受け取りができる銀行・できない銀行一覧


あおい「?」「還付金が受け取れないネット銀行があるって聞いたけど、本当?」


確定申告の結果、税金が還付されるとうれしいですね。

ただ、メガバンクや地銀や信用金庫などはいいのですが、「ネット銀行」の中には、還付に対応していないところもあるので、ご注意ください。

還付OKのネット銀行

まずは還付口座にしても大丈夫なネット銀行(インターネット専業銀行)です。

  • ソニー銀行(根拠
  • イオン銀行
  • 新生銀行
  • 楽天銀行(根拠
  • 住信SBIネット銀行(根拠

還付『NG』のネット銀行

一方、還付口座に指定しても還付してくれないネット銀行(一部店舗銀行)がこちらです。

  • ジャパンネット銀行(根拠
  • じぶん銀行(根拠
  • 大和ネクスト銀行(根拠
  • セブン銀行

東京国税局のお知らせ(「平成26年分 確定申告相談早見表[PDF]」)にも書かれています。
還付不可銀行

それでも、数年前はソニー銀行くらいしかできなかったのが、だんだんとできるようになってきています。

そのうち、どのネット銀行でも還付口座に指定することができるようになるかもしれませんね。

口座名義は申告者本人!旧姓も×

最後に、当然と言えば当然なのですが、還付口座は、確定申告をする『本人』の名義である必要があります。

(例)確定申告書の記載
口座の記載例

(例)国税庁の確定申告書等作成コーナーの入力方法
還付について
夫が確定申告をするのに、妻の口座に還付、というわけにはいきません、あんまりないと思いますが、ご注意ください。

また、これは国税庁のホームページにはっきり書いてありますが、「旧姓」のままの名義の場合には、振込み自体ができません。

旧姓のままの名義になっている口座は使わないようにこちらも注意しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


限定記事のパスワードについて

こんにちは。クロネです。

アフィリエイトに特化した現役税理士が、ブロガー・アフィリエイターのために書いた確定申告・節税マニュアルをほしい方は他にいませんか?

1番人気コンテンツの「アフィリエイターの税金に関するQ&A(経費編)」で節税すれば、すぐに元が取れます。

確定申告・節税マニュアルのレビュー詳細

ご購入者限定で、このブログの限定記事が読めるパスワードを特典としてプレゼントしています。

※定期的にパスワードの切替えを行っています。過去に申し込んだ方で再度パスワードを希望する方は、ご連絡ください。