なぜプロブロガーはアフィリエイトが苦手なのか?

クロネa
「アフィリエイトに圧倒的なPVは不要です」


プロブロガーがアフィリエイトを苦手とする理由

巷では、月間10万PVあってもアマチュアレベルでプロブロガーさんではないそうなのですが、私も1年くらい前にモヤモヤしていたことを、自分なりに考えて書いてみたいと思います。

なお、以下では、本来は「プロブロガー」×「アフィリエイター」、「Google AdSense」×「アフィリエイト」とすべきところを、タイトルの趣旨に合わせて、意図的に「プロブロガー」×「アフィリエイト」で記事を構成しています。

プロブロガーの商品は「自分自身」

いきなりアフィリエイト全否定なのが、プロブロガーさんの商品が自分自身だということです。

ここで商品という言葉に抵抗がある方は、「価値」に置き換えていただき、プロブロガーさんが提供している価値というのはプロブロガーさん自身だよ、としていただければよいかと思います。

「自分メディア」という言葉がときどき登場しますが、これもまさにプロブロガーさんのことをあらわしており、自分の考え方とか経験とか体験とかそういうことをどんどん書いていく手法です。

アフィリエイトの商品は「商品」

一方、アフィリエイトの商品は、「商品」です。

当たり前すぎて忘れてしまいますが、優れたアフィリエイトサイトでは、運営者のことなんてどうでもいいことが多いです。

もちろん、ベビー用品を扱っているサイトの運営者は育児経験がある人の方が説得力があるとか、そういうことはありますが、運営者が誰だかわからなくても売れていくのがアフィリエイトです。

運営者が有名人である必要は全くありません。

プロブロガーは広告を選べない

圧倒的なPVを集めることができるプロブロガーさんと「Google AdSense」との相性はバッチリです。

しかし、私はいつも違和感があるのですが、「Google AdSense」はアフィリエイトに入れていいのでしょうか?

それはもう、「おやつにバナナは入りますか?」の世界です(ウソです)。

「Google AdSense」は記事に合わせて多様な広告を「自動的」に選んでくれる非常に優れた広告です。

ところが、逆に言えば、個別に選ぶことができない広告です。

これは、アフィリエイトではなくて、「広告スペースのレンタル」です。

駅などの人通りが多いところを貸して、広告を集める行為です。

圧倒的な人通りに対して広告を展開する。

リアルの世界でもよく見るビジネスモデルです。

アフィリエイトは個別に広告を選べる

一方、アフィリエイトは「属性」に合わせることがすべてです。

もっと簡単に言えば、その広告を最も必要としている人を集めることができるかどうかです。

例えば、「引越しの一括申込み」を展開しているサービスを紹介するときに、圧倒的なPV数は必要でしょうか?

そりゃ、毎日10人くらいしか見てくれないサイトやブログよりは、毎日10万人が見に来てくれた方が良いに決まっていますが、その発想でサイトやブログを運営し続ける限り、アフィリエイトで報酬を得ることはできません。

あなたは「引越しの一括申込み」を展開しているサービスを紹介するのですよ?

「Word Pressでどのテーマがアクセスアップにつながるか」とか、「一度は読むべきグノシーのおススメ記事」とか、そんな記事、何か関係がありますか?

引越しの一括申込みをしたい人は、誰でしょうか?

3月がピークの引越し。新生活を迎える人は、いろんな人がいます。

その人たちに、なぜ引越しの一括申込みを使ってもらいたいのでしょうか?

どういう場面で使うと効果的なのでしょうか?

プロブロガーは「クリックでOK」

アフィリエイトは「確定してやっとOK」

プロブロガーさんは、「Google AdSense」をクリックしてもらったらOKです。

その後で商品を購入したとかサービスを申し込んだとか、そういうのはどうでもいいことです。何よりクリックです(厳密にはその後も大事ですが)。

一方、アフィリエイトはクリックしてその商品を購入したり、サービスを申し込んだりしないと最終的には発生しません。

しかも、発生だけではなくて確定しないと報酬はもらえません。

非常に厳しい世界です。

「Google AdSense」の感覚でいてはいけないのです。

お伝えしたいのは、「視点」の違い

なんだかプロブロガーよりアフィリエイターの方が難しいからエラいんだとか言いたいわけ?と思われた方は、もう少しお付き合いください。

今回の記事のテーマは「なぜプロブロガーはアフィリエイトが苦手なのか?」という疑問に対する1つの答えであり、決して、プロブロガーとアフィリエイターに優劣をつけたいわけではありません。

アフィリエイターに圧倒的なPVを得ることができる自分メディアを作るのは困難でしょう。

ただ、「なぜアフィリエイターは圧倒的なPVを得ることが苦手なのか?」という疑問はあんまり聞きません。これは、そもそもアフィリエイターに圧倒的なPVを得る必要ないからなのです。

そもそも商品を購入したりサービスを申し込んだりしてくれるのは「人間」です。

数としての「PV」なんてものはどうでもいいのです。

GoogleでもYahooでもなくブログに訪れてくれるのは人間なわけですから、その人のことを徹底的に考えるのがアフィリエイトで、下手な鉄砲も数打ちゃ当たるではないのです。

私が気になっているのは、ブログで稼ぐなら「プロブロガーしかない」、もっといえば「ブログ飯を狙え」みたいな風潮があって、なんだか似たようなブログが増えているなぁ、と思うからです。

自分メディアなのに、みんなと同じブログを書いても、プロブロガーにすらなることができません(ちょっと厳しいことも書いてみる)。

もっと言えば、「それしかないと思っている人がいること」に警鐘を鳴らしているのです。

プロブロガーだってアフィリエイトが得意な方がいるのですが、その方のブログを拝見していると感じるのは、その記事だけ、「アフィリエイター」の視点なんですね。

他の多くの記事は「プロブロガー」の視点なのに、特定の記事はしっかりと「アフィリエイター」の視点なんです。

私が考える「アフィリエイターの視点」

なんだよ!アフィリエイターの視点って!!

私が考えるに、「あの人が求めるところに1ミリの狂いもなく必要な情報を提供することができる」かどうかです。

アフィリエイトが苦手な人

その商品を必要としていない人たちをとにかく集め、

その人たちに必要とされていない情報をとにかく提供し、

広告すらクリックされずにそっぽをむかれます。
(むしろ邪魔)

・・・見るからに無理ですよね。

アフィリエイトが得意な人

その商品を必要としている人たちをしっかり集め、

その人たちに必要とされている情報をミリ単位で提供し、

商品の購入やサービスの申込みのことまで設計します。

・・・とってもシンプルに書いてますが、これができるかどうかがすべてです。

そこまでやっても、神(G)の気まぐれに振り回されて報酬が得られないかもしれませんが、少なくとも、それがアフィリエイトだと思って日々、アフィリエイトの奥深さに向き合っていたりします。

クロネのつぶやき

クロネb
「1PV=1円以上にできないのは、『薄い』アクセスを集めているからです。アフィリエイトの視点で『濃い』アクセスを集めたら、特に難しいことはありません。しかし、それが本当にやりたいことがどうかは別問題です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


限定記事のパスワードについて

こんにちは。クロネです。

アフィリエイトに特化した現役税理士が、ブロガー・アフィリエイターのために書いた確定申告・節税マニュアルをほしい方は他にいませんか?

1番人気コンテンツの「アフィリエイターの税金に関するQ&A(経費編)」で節税すれば、すぐに元が取れます。

確定申告・節税マニュアルのレビュー詳細

ご購入者限定で、このブログの限定記事が読めるパスワードを特典としてプレゼントしています。

※定期的にパスワードの切替えを行っています。過去に申し込んだ方で再度パスワードを希望する方は、ご連絡ください。