【ステージ別】会社員が副業をするときに知っておきたい注意点


あおい「?」「副業をするときって、どんなことに注意したらいいの?」

この記事では、会社員が年末調整・確定申告・副業のときに知っておきたい注意点について、ステージ別にまとめました。


ステージ1『副業以前』

会社員と年末調整

まず、副業以前から順番に行きます。

会社員として働いているときは、会社が税金の計算をしてくれます

a0002_011034

毎月の給料やボーナス(賞与)からは、所得税が源泉徴収されます。

そして、年末になると、「給与所得者の扶養控除等の(異動)申告書(通称「マルフ」)」「給与所得者の保険料控除申告書 兼 配偶者特別控除申告書(通称「マルホ」)」という2種類の書類が配られて、生命保険料控除証明書などと一緒に提出するかと思います。

年末調整により、1年分の所得税を計算し、源泉徴収した分が多ければ還付され、少なければ徴収されます。

その年の源泉徴収票がもらえますが、産休・育休中の方は、配偶者控除や配偶者特別控除をご主人の方で使える可能性があるので、ただもらうのではなくて、必ず確認しましょう。

関連 給料をもらっている人の「年収」と「所得」を1秒で把握する方法

なお、住民税については、この年末調整によって、各市町村に税金を計算するために必要な情報が届くようになっています。

会社員と確定申告

多くの会社員は、年末調整で税金の計算は終わりますが、
・雑損控除
・医療費控除
・寄附金控除(ふるさと納税)
・住宅ローン控除(1年目)
などをするためには、自分確定申告が必要です。

関連 確定申告書は「いつまでに」「どこに」提出すればいいの?

また、年末調整でできなかったものについても、確定申告をすることで納め過ぎた税金を戻してもらうこともできます。

ステージ2『副業時代』

副業禁止規定を熟読せよ!

会社によっては、就業規則や給与規程など「副業禁止規定」をいまだに置いているところもたくさんあります。

その中には、副業をすることによるリスクが書かれているので、あらかじめ、

(1)どのような場合に

(2)どのようなペナルティがあるのか

を確認しておきましょう。

確定申告が必要な場合とは?

会社員の場合は、収入から必要経費を引いた金額(=所得)が年間20万円以下であれば、確定申告が不要と言われます。

しかしそれは「所得税」だけの話です。

正しくは、20万円以下であっても原則として「住民税」は必要です。

例えば、アフィリエイトを例にして、確定申告が必要かどうかの判定は次の記事で解説しています。他の副業でも基本的には同じです。

関連 アフィリエイトで収入をもらったら確定申告は必要?

副業がばれたら困る人へ

いくら副業禁止規定がなくても、副業が会社にばれたくない、という人は多いと思います。

確定申告の時に「自分で納付(普通徴収)」を選べば大丈夫、と一般的に説明されますが、それでは70点です。

どういうこと?という方は、ぜひ、次の記事で残り100点に近づける方法を確認してみてください。

関連 副業がバレないように「普通徴収(自分で納付)」を選んでも無意味な場合まとめ

雑所得? 事業所得?

副業で悩ましいのは、雑所得なのか、事業所得なのか、そして、事業所得の場合は青色申告白色申告かという点です。

a1640_000080

この点は、次の記事でまとめています。

関連 アフィリエイトは事業所得(青色申告)・事業所得(白色申告)・雑所得のどれを選べばいいの?

なお、「事業所得」として実態もないのに必要経費だけ計算して大赤字で申告する「脱税」方法があります。

会社員は簡単にばれますので、絶対にやってはいけません。

関連 無税は「住民税」でバレる!副業禁止のサラリーマンが絶対にやってはいけない節税方法

ステージ3『複業時代』

本業に+月数万円の「副業時代」から、だんだんと副業が育っていき、月20万円以上になってくると、話は変わってきます。

月20万円以上になってくると、人によっては本業の月収に匹敵してくるか、追い抜くことでしょう。

a1590_000045

そうなってくると、収入の柱が2つ以上できたことになります。

私は、大学時代に中谷彰宏さんの『複業で成功する58の方法』という本を読んだ時から、複数の収入源を得ることをテーマにしてきましたが、複数の収入があるこのステージを「複業時代」と呼ぶことにします。

ここまで来ると、青色申告をして65万円の控除を使った方が節税になる場合がほとんどでしょう。

ただし、会社員のままで青色申告をする場合には、デメリットもありますのでご注意ください。

関連 副業サラリーマンが事業所得で青色申告を選ぶときに気をつけたい3つのデメリット

このステージで

(1) 会社員を含めた複数収入をもらい続けるのか、

あるいは、

(2) 独立してフリーランスの世界に行くのか

は、それぞれだと思います。

ただ、もし、青色申告をすることを選んだときは、「MFクラウド確定申告」で決算書・帳簿や申告書を作ると便利です。

関連 複式簿記が分からない人ほどMFクラウドを使うべきたった1つの理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


限定記事のパスワードを無料でプレゼントします。

こんにちは。クロネです。

アフィリエイトに特化した現役税理士が、ブロガー・アフィリエイターのために書いた確定申告・節税マニュアルをほしい方は他にいませんか?

1番人気コンテンツの「アフィリエイターの税金に関するQ&A(経費編)」で節税すれば、すぐに元が取れます。

確定申告・節税マニュアルのレビュー詳細

※定期的にパスワードの切替えを行っています。過去に申し込んだ方で再度パスワードを希望する方は、ご連絡ください。