アフィリエイターの私は「平成28年分確定申告」をどこから手をつけたらいいですか?

10月になってからお問い合わせがボチボチと増えてきました(最初にちょっと宣伝)。

以前、クロネさんのサイト経由で、ネットビジネス税金対策ストラテジー『NTS』を購入致しました。
クロネさんのブログ記事を読みたいと思い、メールをお送りした次第です

【上位版】ネットビジネス税金対策ストラテジー『NTS』を購入させていただきました。
IDは*******になりますので、よろしくお願いいたします

前から気になっていたのですが、そろそろ初めての青色申告を控えて不安になってきたので、クロネさんおすすめのNTSの上位版をこちらから購入させて頂きました。
購入特典を楽しみにしております

いつも拝見させて頂いております。
この度、税金対策情報商材NTSをクロネ様より購入しました。つきましては保護パスワードを教えて頂けますでしょうか。どうぞよろしくお願い致します。

これが、アフィリエイトなんて全く知らない方が相手なら、また違うと思うのですが、みなさん、アフィリエイトをやっている方たちですから、「手の内」をよくご存じなわけで、正直、私クロネを信用して、買っていただいたんだと思います。

私としても、別にこれで稼ごうとか全く思っていなくて、同じアフィリエイターとして、お願いだから副業がばれたり確定申告をしないで税務署におびえる日々を送らないでくださいね、と思っているので、自分がいいと思ったら、ご紹介して、結果としてお金をいただいているつもりです(売りっぱなしの詐欺商材は嫌いです)。

このブログはアフィリエイトに関する税金の情報を発信することによって、逆に情報が集まることを狙ってやっているのです。

さて、前置きが長くなりましたが、いただいたメールの中で、「そろそろ初めての青色申告を控えて不安になってきたので」とありました。

そこで、アフィリエイターの私は「平成28年分確定申告」をどこから手をつけたらいいですか?ということで、何から手をつけたらいいのか、私がこの時期によくやっていることをまとめました。

【明日のためにその1】領収書を1か所に集めよう!プリントアウトしよう!

青色申告だろうが白色申告だろうが、基本中の基本は、領収書を集めることです。

アフィリエイトの経費なんてそんなにないよ、と思うかもしれませんが、領収書というのは、「金券」です。

1枚たりとも無駄にしてはいけません!

税金は、ざっくり言えば、「収入-必要経費」に税率をかけたものです。

必要経費は多ければ多いほどいいわけですが、それを証明するのが領収書です。レシートでもOKです。

これをなくすと、税金を余計に払うわけですからもったいないです!

そして、おそらく、お店でもらう領収書はいいかもしれませんが、ネット上で買い物、たくさんしてませんか?

サーバー代って、領収書もらってます?

私はXサーバーを使ってますが、インフォパネルよりPDF形式でダウンロードすることが可能です。
xserver
毎月クレジットカード払いしているからいいかと思いきや、そうすると、Xサーバーだけで12枚か!?

面倒ですね。1年分にすればよかった(1枚出してどこかに「×12」としたい)。

まあ、そんなことはいいのですが、「インフォトップ」はもちろん、「note」とか、「ブログサロンの会費」とか、「PayPal」で支払ったものとか、いろいろネット上で完結して「紙でもらわない」ものは、プリントアウトしておくことをおすすめします。

・・・っていうか、私自身がこれからなんですよ~( ;∀;)

整理整頓は、その次ですよ。まずは四の五の言わずに集めましょう!

⇒ アフィリエイター・ブロガーが節税に使える19の必要経費[仕訳付]

⇒ これで損しない!領収書・レシートのもらい方

【明日のためにその2】ネットバンクとクレカ明細をプリントアウトしよう!

メガバンクとかゆうちょ銀行なら、銀行通帳が手もとにあるから、そのまま書き込んだりしてOKですね。

なお、まだ印字されてない部分はダメですよ。書き込んだら。

既に印字されている部分は、私なんかぐりぐりメモ書きしたり、マーカー引いてます

これやっとくと、あとで会計ソフト(MFクラウドとかfreeeとか)で確認するときに、本当に楽なんですよ。

それから、領収書と同じですけど、ネット専用銀行、多いですよね。

私もアフィリエイト収入は全部ネット専用銀行を使っているので、通帳がありません。

かわりに、毎月の入出金の取引がPDFでダウンロードできます。

正直、ペーパーレスで会計ソフトにデータが入っていればいいじゃん、と言う人もいるかと思いますが、ハッキリ言って、こういうのは「チェック」が大事なんですね。

紙で出しておいた方が間違えにくいんですよ。

ペーパーレス時代と逆行するんですが、ペーパーレスほど間違ったことに気づきにくいんです。

ペンで目も書きしながらマーカーでチェックする原始的なやり方の方が、いいんですね。

というわけで、ネットバンキングから出しましょう。

同じ理由で、必要経費の支払いに使っているクレジットカードの明細もネットだったらプリントアウトしましょう。

【明日のためにその3】ASPの収入明細を出す!

これについては、限定記事でいくつかASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)の収入明細の出し方を説明してますが、要するに、売上の裏付けですよね。

どの程度私がやってるかは、限定記事を見てもらえばいいわけですが、これもどちらかというと、毎月振り込まれるので、現金商売ではない分、もれにくいんですが、例えば、振込手数料とか引かれているところもありますよね。

⇒ カテゴリー「 ASP 」一覧

そういうところも含めて、やっぱり、収入明細は出しておいた方がいいと思うんですよ。

ただ、困ったことに別に確定申告のために表示しているわけではないので、1年経たないうちに消えちゃうところもあるんですね。

だから、そろそろ1回見ておいて、消えそうならプリントアウトしておくし、1年分表示されそうなら、今はいいので、来年1月にプリントアウトしましょう。

これは、ぜひ一度、確認してみてください。

何しろ、税務調査で1番目に見るのが、売上で、売上が漏れているのが、1番怖いですからね。

私は15以上のASPに登録してますが、少額でも出してます。

【明日のためにその4】クラウド会計をこまめにチェックしよう!

クラウド会計、最近、開いてますか?

もし、青色申告をする方で、クラウド会計!?何それ!?みたいな方は、もう、丸投げで決算書作ってくれるところを探した方が楽かもしれませんね。

それで、最近、開いてない方は、チェックというか、データをちゃんと読み込んでください。

なんとなくしかわからなくても、データの読み込みだけはした方がいいです。

私も、実は、領収書の整理も銀行の入出金明細もクレジットカードの明細も、あんまり手をつけてないですが、クラウド会計のデータの読み込みだけはときどきやってます。

データの読み込みができない期間があると、手入力になって面倒ですからね。

要するに、ネット上にあるものを紙に出せってことです。

最初の3つを見るとわかるように、ネット上で管理しているものは、本当に忘れたり間違えやすいので、できる限り紙にしようってことです。

ちなみに会計ソフトのデータも、入力されたものは、私は「印刷」して、紙ベースで間違ってないか確認してます。

こんな私がやっても、大体、何か間違っていたり、売上や必要経費が漏れています。

「いや~、自分、無理です」と白旗上げそうな方や、「そもそも確定申告やってる暇あったら作業したい」という方は、税理士に丸投げするとか、記帳代行会社に丸投げした方がいいですよ。

その辺の見極めも、今のうちにやっておいた方が、楽ですからね。

今日のまとめ!

いずれにしても、確定申告乗り切りましょう!

今から始めていたら、来年になってから、本当に楽ですからね。

限定記事では、今後も私が実際に何してるかを、記事にしていきたいと思います。

少しでも、購入していただいた方に、情報という形で還元できたらと思います。

だって、不安ですものね。

こういうの作ればいいのか~、と思うだけでも、ちょっと安心ですよね。

もし、こういう記事を書いてほしい、というご要望があれば、お寄せください。

要望に応えられる範囲で記事にしたいと思います。

以上、クロネでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


限定記事のパスワードを無料でプレゼントします。

こんにちは。クロネです。

アフィリエイトに特化した現役税理士が、ブロガー・アフィリエイターのために書いた確定申告・節税マニュアルをほしい方は他にいませんか?

1番人気コンテンツの「アフィリエイターの税金に関するQ&A(経費編)」で節税すれば、すぐに元が取れます。

確定申告・節税マニュアルのレビュー詳細

※定期的にパスワードの切替えを行っています。過去に申し込んだ方で再度パスワードを希望する方は、ご連絡ください。