給料をもらっている人の「年収」と「所得」を1秒で把握する方法

いろは「?」「『所得』って、どこを見たらわかるの?」


そもそも「所得税」という言葉は、「所得」に対する税金という意味があり、それ以外でも「所得」を基に判定をしたりする場合がたくさんあります。

給料をもらっている人は、この「所得」がいくらなのかを把握するのは簡単です。

源泉徴収票のここを見よう!

というわけで、もったいぶる必要もないのでいきなり答えですが、源泉徴収票のここを見ましょう。
源泉徴収票 年収と所得

まず、「支払金額」と書いてあるところがいわゆる「年収」です。

正確には、所得税の対象となる部分だけなので、所得税が課税されない通勤手当は除かれています。

もう1つが「給与所得控除後の金額」です。ここが給料をもらっている人にとっての「所得」となります。

「給与所得控除」とは何か?

さて、ここで気になるのは、「『給与所得控除』後の金額」の「給与所得控除」とは何か、というところです。

実は、給料については、給料そのもの(=年収)に税金がかかるのではなく、そこから給与所得控除というものを引いた金額(=所得)に対して税金をかけます(実際には、さらに各種所得控除や税額控除があります)。

給与所得控除は、いわば「概算の経費」で、実際に経費を使っていなくても、機械的に計算した金額を経費とみてくれているのです。

給与所得控除の金額は、次のように計算されます。

給与等の収入金額
(給与所得の源泉徴収票の支払金額)
給与所得控除額
1,800,000円以下 収入金額×40%
650,000円に満たない場合には650,000円
1,800,000円超 3,600,000円以下 収入金額×30%+180,000円
3,600,000円超 6,600,000円以下 収入金額×20%+540,000円
6,600,000円超 10,000,000円以下 収入金額×10%+1,200,000円
10,000,000円超  15,000,000円以下 収入金額×5%+1,700,000円
15,000,000円超 2,450,000円(上限)

「支払金額」-「給与所得控除」=「給与所得控除後の金額」となっているはずですので、念のため、確認してみましょう。

まず、間違っていることはないと思いますが、私は過去に一度だけ、違っているものを見たことがあります。

いろはのつぶやき

いろは「!」「『給与所得控除後の金額』って、そういう意味だったんだ! 全然知らなかった」


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


限定記事のパスワードについて

こんにちは。クロネです。

アフィリエイトに特化した現役税理士が、ブロガー・アフィリエイターのために書いた確定申告・節税マニュアルをほしい方は他にいませんか?

1番人気コンテンツの「アフィリエイターの税金に関するQ&A(経費編)」で節税すれば、すぐに元が取れます。

確定申告・節税マニュアルのレビュー詳細

ご購入者限定で、このブログの限定記事が読めるパスワードを特典としてプレゼントしています。

※定期的にパスワードの切替えを行っています。過去に申し込んだ方で再度パスワードを希望する方は、ご連絡ください。